オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

一番の実際のカジノとの大きな違いは、初心者向けに無料で遊べる「無料モードプレイ」がオンラインカジノでは用意されているのが特徴です。高グラフィックス性のラスベガスなどとゲームは同様の高性能ゲームがプレーできます。

スロットゲーム、アーケードゲームやバカラ、ルーレット、ブラックジャック、ポーカーなどの楽しめるゲームの種類は、テーブルゲーム、またお金を対戦が賭けてできる麻雀など、いくつものゲームを楽しむことが出来ます。オンラインカジノの歴史は最初のオンラインカジノが1996年頃に誕生。

それに対してパソコンなどをインターネットを介して使い、カジノと同じようなゲームをオンラインで楽しめるのがオンラインカジノゲームです。自宅以外でも24時間いつでも都合が最善時にwebさえつながる環境ならば、楽しむことができるのも大きな魅力ポイントとなっています。

何年かまえよりここ日本ではオンラインカジノメーカーが日本へ進出。アメリカラスベガスに代表されるランドカジノがオンラインカジノは家などのパソコンで、本場さながらのマカオとか韓国のカジノゲームがインターネット上でそのまま楽しめる、カジノの事です。

大手メーカーの大半がいまでは日本語に対応をしたサイトを運営し、安心をして日本人でもプレー出来るようになりました。ちなみに、他にもwebカジノとかネットカジノとも呼ばれてます。

韓国やラスベガス、マカオなどにあるカジノは実際のカジノランドに赴き、パートナーや友人と一緒にスロットやポーカーゲームを楽しみつつプレー出来ます。現在はヨーロッパを中心にし、数千ものゲームメーカーが存在し、ヴァージングループ、ヒルトングループ、そして日本の某大手企業も資本参加し、隆盛を極めてます。

それに、プログレッシブジャックポット(賞金が積み重ねられていくゲーム)のゲームも多数用意をされており、オンラインカジノで大多数の日本人が大金を手にしています。